おんがくア・ラ・カ・ル・ト・・・オペラへの誘惑

お隣の府立植物園でヒスイカズラを見たあと京都コンサートホールへ。
今回、第5回ワンコインコンサートはオペラへの誘惑 ~人々を魅了するその秘密~


♪ ロッシーニ / 歌劇 『セヴィリアの理髪師』 より 「今の歌は」
『セヴィリアの理髪師』はフランスの劇作家ボーマルシェが書いた戯曲をもとに作曲されたオペラであり、物語は『フィガロの結婚』へと続きます。
    
今日歌われた「今の歌は」は、後に結婚してアルマヴィーヴァ婦人となる若き乙女ロジーナが、意中の青年リンドーロ(実は身分を隠した伯爵)を想いながら、「彼は私のものよ。何がなんでもゲットしてみせるわ!」と決意を固めるアリアです。


♪ ロッシーニ / 歌劇 『シンデレラ』より 「悲しみと涙のうちに生まれて」
これは誰もが知るシンデレラのお話。
今日歌われたのは・・・おとずれた幸せを高々に歌うフィナーレを飾るアリアでした。

  
♪ ビゼー / 歌劇 『カルメン』より パパネラ(「恋は野の鳥」) 
カルメンが颯爽と登場する場面、色めき立つ男性人の中で一人自分に無関心なドン・ホセに興味を持ち、魅惑的なパパネラのリズムに乗って・・・・ホセを誘惑する、カルメンの性格を如実に現したアリア。


♪ サン=サーンス / 歌劇 『サムソンとデリラ』より 「あなたの声に私の心は開く」
『サムソンとデリラ』 は旧約聖書を題材に描かれた悲劇。・・・愛の言葉がしっとりと歌われていました。


岡本佐紀子さんのピアノと小林久美子さんのメゾ・ソプラノに酔いしれて・・・
オペラの誘惑~  嗚呼。もういちどオペラ・ガルニエへ・・・(ゆめ)


+++++++現実へ引き戻されて
a0161943_2262515.jpg

a0161943_227756.jpg

[PR]
by uki_0111 | 2011-05-04 22:11 | アートなこと | Comments(3)
Commented by えんてつ at 2011-05-06 12:00 x
GWにふさわしい花と音楽 いや 音楽と食欲でしたね。
うきさん、ほんとに文化人~♪

いま田舎では、小鳥と蛙の合唱の季節です(笑)。
Commented by uki_0111 at 2011-05-06 17:55
えんてつさん
ワン・コイン・コンサートなんですよ♪
コンサートホールで、しかも500yenですてきな時間が過ごせるんです~魅力でしょ!? 
文化人でもなんでもないです~(^_^)後のランチが楽しみだったりして。~♪
Commented by エッチテレビ電話ガイド【スマホ版】 at 2011-11-24 22:49 x
Z8[iE!tO, www.vipcall.biz/sp, エッチテレビ電話ガイド【スマホ版】, http://www.vipcall.biz/sp/
<< うぐいす菜やアイスプラント・・... ヒスイカズラ・・・@京都府立植物園 >>