トマトは多年草

なんとトマトは多年草なんだそうですね・・知らなかった。

トマトは春に植えて夏の終りには葉が黄色くなって実も小さくなってしまうので、それを目安に全て引っこ抜いていました。一年草だと思っていたし。幹は木質化していても新芽を出して花まで咲かせていたのでちょっと抵抗はありましたけどね。

多年草と知って、今年は、まだ実が付いてるトマトの木(しゅうび(秀美))を一本だけ残しました。来年の春に脇芽が出たらそれを植えてみます。楽しみだけど、その前に上手く冬が越せるかな?
a0161943_22151427.jpg



朝顔と四角豆と雲南百薬の混植グリーンカーテンもお終いにしたいのだけれど、朝顔は今もたくさん咲いているし。秋植球根やポット苗は出番を待っているし、、さて、どうしたものか。
a0161943_2215314.jpg

[PR]
by uki_0111 | 2012-09-05 22:07 | プランターで野菜や果樹 | Comments(2)
Commented by えんてつ at 2012-09-06 12:55 x
過去に篠山市で何年もたったトマトの木をみたことがあるんですが
すごい立派でしたよ。でもハウス栽培でした。
冬を越すのが難しいように思います。
今のうちにわき芽を挿して室内で生き長らえさせるとか・・・
何か良い方法があると面白いと思います。

それから・・・・・・
植物栽培に土が必要かどうかという議論が昔からあるんですが
どうやら、土はなくても良いというほうに軍配があがったようです。

ツルものは、思い切りですね。
種が取れるかどうかとか気になることもありますが
うちももうすぐ始末しようと考えています。
Commented by うき at 2012-09-07 21:19 x
えんてつさん
いつも的確なアドバイスありがとうございます♪
わき芽の水挿しもしてみますね・・アカンでもともと(^_^)
万願寺とうがらしを水耕栽培されている方がいます(プロの方ですが)

えんてつさんに頂いた雲南百薬は花が咲きそうですよ。楽しみ♪
そのあと、思い切ります!
<< ゴルゴンゾーラを食べてみた マイクロトマト >>