キレンゲショウマ@京都府立植物園

京都府立植物園で初めて開花したキレンゲショウマを見てきました。(9/26)
a0161943_16151187.jpg

キレンゲショウマは静かな植物生態園でアクリル板の箱の中でしっかり守られて花を咲かせていました。

a0161943_1619453.jpg

a0161943_16192173.jpg



 +++++

【京都新聞の記事より】
京都府立植物園(京都市左京区)は23日、環境省のレッドデータブックで絶滅危惧II類に分類されている希少種、キレンゲショウマの開花に初めて成功したと発表した。
 キレンゲショウマはアジサイ科の多年草で、日本や朝鮮半島、中国の深い山に生息している。標高の高い植物園で開花例はあるが、「平地にある園での成功は、おそらく初めて」(同園)という。
 同園では5年前から開花を目指してきたが、つぼみの段階で落下が続いていた。昨年8月、つぼみに付くクロウリハムシが原因と突き止め、今年はつぼみに袋をかぶせて防除したところ、今月22日朝に開花を確認した。
 花は長さ約4センチの釣り鐘状で、鮮やかな黄色。見ごろは約1週間という。

 +++++

キレンゲショウマから少し離れた所に(同じ植物生態園の中)ナンバンギセルも咲いていました。ススキの足元にひっそりと。
a0161943_16211029.jpg

a0161943_16212487.jpg

ナンバンギセル(南蛮煙管)は他の植物の根に寄生して、そこから養分を取りながら生育する寄生植物。葉緑素を持たないがゆえに自分で光合成をして生長することができないそうです。
[PR]
by uki_0111 | 2012-10-01 16:22 | つれづれ | Comments(2)
Commented by えんてつ at 2012-10-04 13:24 x
あらら~ 貴重な植物ですね、一度お目にかかりたい。

ナンバンギセルのような寄生植物も、何かしら共生というか大家さんに
恩返しすることがあるのでしょうか~?


伝えたい今この人へ花言葉 ♪
Commented by うき at 2012-10-04 17:59 x
レンゲショウマは花友さんに写真で紹介してもらったことはありましたが、キレンゲショウマは初めてでした。し、ナンバンギセルも初めてみました。

いとかなし 地上にあるは キセルのみ
イトススキ あなたのおかげ パラサイト ~♪

<< 「ボニーとクライド」の拳銃が競売に 綿の木 >>