浮世絵の夏-納涼と花火- @美術館「えき」KYOTO

2013.9.4
いよいよ終了間近になった美術展「浮世絵の夏-納涼と花火-」を見て来ました。

a0161943_15223288.jpg

暑い夏をいかに涼しく楽しく過ごすか。。。
江戸時代の人びとも涼を求めて水辺へと繰り出したのですね。

a0161943_15242273.jpg

a0161943_15244190.jpg

         歌川広重「四条河原涼」1834年頃
         夕ぐれ迫る川辺での宴の様子が描かれている。


それにしても、鴨川が広い。・・・大きな中州もあったのですね。
両岸の河川敷や中洲で飲食を楽しんだり憩いの場として賑わっていたことが、浮世絵に描かれた情景から知ることができました。

今の「鴨川納涼床」は鴨川と平行して流れるみそそぎ川の上に設けてありますが、
京の風物詩となって今に伝わっているのですね。

a0161943_15263336.jpg

a0161943_1527462.jpg

a0161943_15272658.jpg

a0161943_15274651.jpg


暑さを和らげる為の知恵が風情を生んだ、のでしょうか。~♪

a0161943_15285556.gif

[PR]
by uki_0111 | 2013-09-08 15:31 | アートなこと | Comments(0)
<< 秋の空 マイクロトマト >>