カテゴリ:キッチン( 88 )

トマトピューレ


コンテナー栽培したトマトや頂いたトマトがたくさん貯まったのでトマトピューレにしました。
a0161943_913913.jpg


なんで色が違うんだろう・・・?

サラダなどに使う生食用トマトで作ったトマトピューレは色が薄いけれど、プチトマト使用のものは色鮮やか。


a0161943_8345197.jpg トマト色=リコピン色
リコピンはβカロチンの仲間で完熟した赤いトマトに含まれているそう。もちろんプチトマトにも含まれていて普通のトマトと比較すると100g中のリコピン量はかなり多いとか。

市販のトマトジュースやトマトケチャップの鮮やかな赤を見ると、着色料でも入っているの?と思ってしまいますが、この鮮明な赤こそがリコピン色なのだそうです。

トマトが赤くなると 医者が青くなる・・・☆
トマトは栄養素が豊富でさまざまな効能有り・・血液の流れをよくし、脂肪の消化を助けてくれます。しかも低カロリー♪
[PR]
by uki_0111 | 2010-09-06 09:14 | キッチン | Comments(0)

ゴーヤの佃煮


ゴーヤはちょっと苦手なんですよね・・・
いえいえ、ゴーヤの苦味やなんかは大丈夫なんですけどね。ビジュアルが・・・ね。

などと言っていたら、「ゴーヤの佃煮は美味しいよ~」 と。

a0161943_16355910.jpg

材料 
ゴーヤ   250g
ちりめんじゃこ  お好きなだけ
砂糖    40g
みりん   大2
醤油    大2
酢      25cc


作り方
ゴーヤはタテに切って種を取り出して薄切りに。
全ての材料を混ぜて、煮汁がなくなるまで煮詰めたら出来上がり。
最後にすりゴマや花かつおを入れるとさらに美味しくなります♪
[PR]
by uki_0111 | 2010-08-21 16:52 | キッチン | Comments(0)

まるごとトマトサラダ


a0161943_174657.jpg


トマトは、湯むきする時よりも少し長いめに湯がいて、荒熱をとって冷蔵庫で冷た~くしておきます。
そして、お好みのソースでどーぞ♪
バジルや青じそなどのハーブドレッシングにマヨネーズを混ぜたりして。トマトケチャップを加えて淡いピンク色のソースも可愛くて美味しいです。

トマトには抗酸化作用がある赤い色素リコピン、大葉には抗酸化作用を持つベータカロティンが多く含まれていますね。暑い夏をビタミンカラーの野菜で乗り切りましょう~☆
[PR]
by uki_0111 | 2010-08-05 17:18 | キッチン | Comments(0)

十六ささげ


十六ササゲはショウガと相性がよい!
・・と云うことで、生姜醤油でシンプルにいただきました。

a0161943_14141540.jpg


プランター栽培 ・・・☆
春に、ご近所さんに頂いた十六ササゲの苗を育ててみました(初めてのこと)。
  よろしければ、こちらへも~ ↓
  http://www.k4.dion.ne.jp/~uki-uki/
[PR]
by uki_0111 | 2010-08-04 14:23 | キッチン | Comments(0)

にんじん葉でごまあえ

地下鉄東西線の駅構内に京野菜の直売所があって、旬の新鮮野菜が並んでいます。
地上は35℃を越える猛暑だけれど、ここの野菜はいつもシャキッ!としているのでついつい沢山買ってしまいます。
a0161943_1463335.jpg


a0161943_144722.jpg
ニンジンの葉っぱがきれい!
葉っぱも柔らかくて美味しいから捨てないでね、とお兄さん。
は~い、もちろん。

にんじんの風味を生かしてシンプルな「おひたし」でいただきました。
わたしはイタリアンパセリの天ぷら(かき揚げ)が大好きなのだけれど、このニンジン葉を使ってもきっと美味しいと思う・・♪
[PR]
by uki_0111 | 2010-07-26 15:02 | キッチン | Comments(0)

赤しそジュース

a0161943_17102727.jpg

赤じそのビタミンCと、レモンのクエン酸とビタミンCが疲れを癒してくれます♪
赤じその赤い色は抗酸化力の高いアントシアニン。
細胞の酸化を防ぐと同時に、豊富に含まれる鉄分やビタミンCの働きが貧血の予防や改善に役立ちます。


   +++++

 赤じそ   100g
 レモン   1~2個
 砂糖    100~170g(お好みの量で)
 水      600cc

作り方
① 赤じそは葉を茎から取り、よく水洗いをする。(葉だけ使用する)
② 鍋に分量の水を入れて沸騰させ、赤じその葉を入れて4~5分ゆがく。
③ 火を止め、ザルでこす。赤じその葉は絞り、こし汁に加える。
④ ③ を再び火にかけ、砂糖を加え溶けたら火を止める。
⑤ ④にレモンの絞り汁を加える。(鮮やかな色に変わります)
⑥ 冷ましてから容器に入れて保存します。

お好みで、水2~3倍に薄めたり、炭酸水を加えてもよいですね。~♪


a0161943_1654845.jpg



 
[PR]
by uki_0111 | 2010-07-10 17:02 | キッチン | Comments(4)

ウィンターパースレーンでお浸し

ウィンターパースレーン(ツキヌキヌマハコベ)はビタミンcが豊富なサラダハーブ。
花も葉も食用になるのですが、花芽がでる前の若葉をお浸しにしました。

a0161943_2245386.jpg


ウィンターパースレーンとオアゲだけのシンプルなお浸し♪
ちょうど、ほうれんそうのお浸しのような感じですね。クセもなくて、なかなかgood!
しゃきしゃきサラダはもちろん!お浸しもオススメです。

使ったアブラアゲは、以前、ニューヨーク・デビューを果した「京都・男前とうふ店」のもの。~☆
       http://www.otokomae.jp/
[PR]
by uki_0111 | 2010-03-28 22:20 | キッチン | Comments(2)

柿なます

紅白なますに干し柿を加えただけのシンプルな「柿なます」。
干し柿の甘みが甘酢になじんでとろ~りとした優しい味になります。

a0161943_1535629.jpg


大根にはたくさんの栄養素が含まれているのですね。
でんぷん分解酵素(アミラーゼ)が含まれていて、消化促進、二日酔い、胸やけなどに効果的なことは良く知られているところですが。
当たり前のようにむいて捨ててしまっている大根の皮・・・
この皮にこそ、多くのビタミンCや毛細血管を強くするビタミンPが含まれているそうです。


頂いた渋柿がいい具合に仕上がったら、 ひとつづつラップに包んで冷凍保存。
これで次の干し柿の季節まで楽しめます。

a0161943_15482694.jpg


a0161943_17413598.jpg


a0161943_15214367.gif

  
[PR]
by uki_0111 | 2010-01-25 16:04 | キッチン | Comments(2)