京都山科 琵琶湖疏水の桜

山科から御陵までの琵琶湖疏水沿いの桜を見に行ってきました。実に6年ぶりのこと。

a0161943_13304051.jpg

          ↑ 毘沙門堂の参道入口、疎水にかかる安朱橋より。


a0161943_13285538.jpg

a0161943_13291573.jpg

     古木の桜、大木だったヤマザクラなどかなり伐採されていました。   
     朽ちかけたベンチも風情があっていいですね。

a0161943_13321812.jpg

a0161943_13323660.jpg


ここで、流れは第2トンネル内に入って行き、蹴上でルートが二つに分かれます。インクラインルートは伏見方面へ流れ、分線は山の中を流れます。この分線が南禅寺境内のレンガ造りのアーチ橋(水路閣)を流れていきます。哲学の道の脇を流れているのも疎水の水なのですね。


地下鉄山科駅から毘沙門道、参道入り口から西へ向って疎水沿いを陵緑地、疎水第2トンネルまで。そこから三条通りへ出て、天智天皇陵へ参拝して山科駅までずいぶん歩きました。
a0161943_13332429.jpg

                   ↑ 天智天皇陵の日時計
[PR]
by uki_0111 | 2013-03-31 13:37 | さくら | Comments(0)
<< 京都 醍醐寺の桜 芹の天ぷら >>